0から立ち上げた経験は大きな財産
自由、責任、チャンスがあるから面白い


若い時に同期で働いていた人間が、当社の1店舗目であるコロッセオ中目黒に勤めていたので、

よく食事をしに顔を出していたんです。当時イタリアでの修行を終えて、知り合いのお店を手伝っていたのですが、

「もっと良くなるのに」と思って意見しても、聞き入れてもらえる機会もなく、悶々とする日々が続いていたんです。

そんな僕が働いていた環境とは真逆で、コロッセオ中目黒では、新人からベテランまで、皆が意見し合っていて、

本当にイキイキと働いていて、楽しそうに見えたんですよ。そこが入社を決めた一番の要因でしたね。




入社と同時にアズーリ神楽坂の立ち上げを

任されたんですよ(笑)。0からの立ち上げなんて

経験した事もなかったですし、不安もありましたけど、

任せてもらったという責任感と、自由に考えられる事の

ワクワクさの方が勝っていて、楽しんでやれましたね。

メニュー考案から食器一つ一つの選定、スタッフの配置、

オペレーション等、全てを任せてもらえた事で、

今までキッチンにいただけでは分からなかった、

一つのお店を作り上げる楽しさも難しさも経験する事が

出来た事は大きな財産です。




今アズーリ神楽坂には30代前半位までのスタッフが多くて、

自分達で色々な事を考えて話し合いながら運営をしています。

それに対して本部が口を出してくる事もない。

その代わり必ず結果を出さなければいけない。

その自由さと責任のバランスが凄くよくて、

皆が毎日の仕事に本気で取り組んでいる事が伝わりますし、

僕自身とてもいい刺激になっています。

これからは料理人としてだけではなく、

もう一段ステップアップして、財務面や損益に関する事など、

経営的な観点でもお店を運営出来る様になりたいですね。




転職・就職をお考えの皆様へ


飲食業界って働く時間が長かったり、ずっと立ちっぱなしだったりだとか、体力的に大変な事は沢山あるんですけど、

それが辛くて辞めてしまうのは勿体無いかなと思います。僕も下積み時代、辛いと思う事は多々ありました(笑)

そういう時は、ちょっとでもいいから楽しい事を想像してみるんです。

例えば「掃除綺麗に出来たな」「洗い物早く出来たな」でもなんでもいいんです。

そういう小さな満足感みたいなものを自分の中で積み重ねると、気持ち的に余裕が出て、

また次の日も頑張ろうと思える。自分のメンタルをフラットな状態にする方法を身につける事はとても大事だと思います。

今から飲食業界に飛び込もうと思っている方々には、最初に伝えておきたい事ですかね。