どうしても創業から携わりたかった
理想の店づくりを生涯追求し続ける



若い時に修行していたお店が旧コロッセオ料理長と一緒で、「ゆくゆくは店を自分で立ち上げるから、

その時は一緒にやって欲しい」と誘われた事が始まりでした。若い時に語り合う夢物語程度に考えていたのですが、

本当に1店舗目であるコロッセオ中目黒をオープンした時に声をかけてもらったんです。

当時フレンチのお店に入社して、1年半位しか経ってなかったのですが、どうしてもやりたくて、

「ちょっと待ってくれ!すぐ辞めるから!(笑)」と、その場でOKした事をよく覚えています。

夢が現実になる訳ですから、迷う理由は全く無かったですね。




私はソムリエとしての仕事、当社全店舗共通で扱うワインの仕入れ統括の2つのポジションで仕事をしています。

以前は各店舗バラバラにワインの仕入れを行っていた為、非効率な部分があったんですよね。

そこに課題意識を持っていたので、直訴したところ、任せて頂いただく形になったんですよ。

当社はまだまだ良い意味で未完成で、改善の余地がある部分がすごく多い。

新人でもベテランでも関係なく、「もっとこうしたら良くなるのでは?」と考えながら行動できる人が、

仕事を勝ち取っていく文化みたいなものがあると思っています。




私は、飲食サービス業において、まずはお客様が「こういったものが食べたい」「今日はこんな気分である」等、

ご要望に合わせて料理を提供する事が大事だと思っています。当社は「当店の料理はこうじゃなきゃいけない」

という決まりつけが無いので、お客様の方から店の色に染まってもらう必要はないんですよ。

その上でお酒の解説をしたり、様々な楽しい話をして、食卓が和らいだり、華やぐ事がすごく嬉しいんですよね。




まずは、ワインの仕入れに関する土台を作っていく事が当面の課題ですね。

しっかり力を持つ各アイテムが揃っていて、良いアイテムをずっと仕入れ続けられるようなシステムを作っていく事。

それをまずは完成させたいです。今のやり方より、もっと良い方法や仕組みがあると思うので、

都度やり方をスクラップ&ビルドしていく。そうすれば強固な仕組みが出来上がっていくと思うんです。



転職・就職をお考えの皆様へ


当社って自分が突っ込めば突っ込むほど様々な事をやらせてもらえると思うんですね。

例えば、先々独立したい、シェフになりたい、マネージャーになりたいって様々な目標とかがあると思うのですが、

本当に真剣にやれば、3年位で一通りの事が出来る様になると思います。

ただ、その真剣に取り組むという部分が本当に大事。少しでも妥協や面倒臭がったら、全く前に進めないんですよね。

真剣に取り組んでくれさえすれば、フォローも教育もしっかりするので、

学ぶという意味でもとても良い環境だと思います。